« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月

日本シャンソン館カフェ「ロゾー」1月の新メニュー案内(2023) ② ニナス マリー・アントワネット ティー

フランスのヴェルサイユ宮殿にある、王立農園にて育まれたリンゴとバラの花びらが使われています。希少な素材からの豊かな香りを楽しめるフレーバーティーは強すぎずに上品に香り、口の中で花が咲いたような優雅な気分になれるお茶です。

ティーポットでご提供します。

000000000004_jfnpcko_20221222132201

Marieantoinette

Img_5278_

【カフェ・ロゾーよりお客様へのお願い】
ご飲食時以外はマスクをご着用ください。また、大きな声での会話はお控えくださいますようお願いいたします。

|

日本シャンソン館ミュージアムショップ La famille 2023年1月のシャンソンCD案内

< ミュージアムショップ 「ラ・ファミーユ」CD通信販売 >

フランスから輸入したシャンソンのCDをたくさん揃えています。

詳しくはサイト「ラ・ファミーユ ON LINE(→通販ページに移動します)をご覧くださいませ。

KaaschantepiafColomboinedits1964_20230109160801

BoulayreggianiReginegainsbourg

 

|

日本シャンソン館カフェ「ロゾー」1月の新メニュー案内(2023) ① ガレット・デ・ロワ

フランスではおなじみの「ガレット・デ・ロワ」、キリスト教の公現祭の伝統菓子をご用意しました。バターの風味豊かなパイ生地にアーモンドクリームを入れて焼きあげ、表面には栄光を表す月桂樹の模様を描きいれました。

フランスでは、ガレット・デ・ロワを家族や仲間が集まる新年のパーティーで大勢で食べます。その際に切りわけられたなかにフェーヴと呼ばれる陶器の小さな人形が入っていた人が当たりとなり、王様または王女様として祝福される、新年の楽しい風物詩でもあるのです。この時期には街のお店などにガレット・デ・ロワが山積みになり、みんなこぞって買い求めますが、フランスではこれを食べないと一年がはじまらないとまで言われるほどです。 

ロゾーのガレット・デ・ロワのなかには、フェーヴの代わりにアーモンドを入れました。1粒のアーモンドが入っていたら当たりの「王様」または「王女様」にはロゾーよりプレゼントをさしあげます(テイクアウトは行なっておりません。ご提供は店内のみと限らせていただきます)。

Img_4340_ 

【カフェ・ロゾーよりお客様へのお願い】
ご飲食時以外はマスクをご着用ください。また、大きな声での会話はお控えくださいますようお願いいたします。

|

謹賀新年2023

謹んで新春をお祝い申し上げます。
皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申しあげます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
Nenga2023_ur

|

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »