企画

2018年11月15日 (木)

ボージョレ・ヌーヴォー2018 解禁日

11月の第3木曜の解禁日の本日、ボージョレ・ヌーヴォーが入荷、当館カフェ・ロゾーのメニューにも登場しました。

イベントにあわせて日本シャンソン館が用意した新酒、ドメーヌ ドミニク・ピロンの 「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2018」は、伝統的な方法による醸造により、しっかりとした構成を持ち、フルーティーでミネラル感があふれています。

この新酒を作ったのは、古く16世紀からフランス東部ブルゴーニュ地方のモルゴンで、ワインの生産を行ってきたファミリーの14代目に当たるドミニク・ピロン氏です。

ボージョレ地区のリーダー的企業で、30カ国にワインを輸出しており、世界的メディアからも高い評価を得ている生産者です。

真の意味で土地に根付いたピロン ・ファミリーが、自信を持ってお届けする果実味あふれるボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーです。

フランスに行かれるたびにワインをお求めになるというお客さまも、新酒としては深い味わいがあると仰っていました。

是非、この機会にお試しくださいませ。

20181115img_2035

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

日本シャンソン館主催 フランス語レッスン中断のおしらせ

毎月行っている、「シャンソンから学ぶフランス語レッスン・初級編」は

今月をもちまして一時中断とさせていただきます。

4年間、受講いただきましたみなさまにはお礼申しあげます。

再開の際には改めてお知らせいたします!


20180304img_0784_5

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

フランス人神父 オリヴィエ・シェガレ師によるフランスのクリスマスのお話し会

20171209img_0458

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

[おしらせ] 日本シャンソン館クリスマス イベント*フランス人神父 オリヴィエ・シェガレ師によるフランスのクリスマスのお話し会

クリスマス・ソングが町中に流れる季節となりました。 あと1ヶ月でクリスマスを迎えるため、あちらこちらで楽しい様子で準備が進んでいます。 みなさんはどのようにクリスマスをお過ごしになりますか?

Noel 12月9日・土曜日、この時期ならではのクリスマスの聖なる雰囲気を、よりいっそうお楽しみいただける企画をご用意いたしました。

シャンソンの生まれた国フランスのノエル(クリスマスという意味のフランス語)を体験できるイベントです。

201512070001_ 12040011_ 201512070006_ 201512070011_


シャンソンライヴでは、歌手のあみさんにフランスのシャンソンを披露いただきます。

フランス語で歌われるおなじみのクリスマスソング、みなさんもご一緒に口ずさんでみてください。

午前11時と午後2時から、料金は別途となります。(500円・2公演共通)

Amiimg_1190  あみ さん


カフェ・ロゾーではクリスマスにあわせた季節のメニューをご用意しました。

フランスの薪型クリスマスケーキ、ビュッシュ・ド・ノエル(500円)や、冬のフランスの風物詩とも言えるヴァン・ショー(600円)と呼ばれるホットワインです。

通常は大きなビュッシュ・ド・ノエルはを切りわけますが、今回はロゾーのオリジナルで、カットされたお一人さま用となっていますので、ちょっぴり試してみたい方にぴったりです。

フルーツのほかスパイスも入って、身体がじんわりと温まるヴァン・ショーは、フランスでは冬になるとカフェの店頭に登場し、クリスマス・マーケットでもよく飲まれています。

お車を運転してお越しの方にも味わっていただけるよう、ワインのアルコール成分をとばしているので、安心してお召しあがりいただけます。


Dsc_0335_buchedenoel2017_2 Dsc_0319_vinchaud2017_2 ミュージアムショップ、ラ・ファミーユでもクリスマス・マーケットを開催します。

クリスマスカードやクリスマスギフトに適した紅茶などのフランス直輸入品をはじめ、 ツリー用のオーナメントやブローチなどのアクセサリーなど、クリスマスグッズを一同に並べます。

需要の高いグリーティングカードも、ほかでは見つからない、フランスやヨーロッパのおしゃれなものばかりです。

シャンソンCDのコーナーにはもちろん、ノエルのシャンソンもあります。

201612040005 201612040009 201612040007 201512050008


そしてカトリックの国・フランスの聖なるクリスマスについて、神父さまよりお話しを伺いましょう。

このたび、渋川市のカトリック教会に仕えるフランス人神父オリヴィエ・シェガレ師より、 母国の文化をご紹介くださる機会をいただきました。

Hp20171209_01

日本宣教を志して半世紀前に来日され、日本各地をまわり、多くの人々の心に安らぎを与えたシェガレ師が、流暢な日本語で穏やかに語ってくださいます。

難しい内容ではなく、シェガレ師の幼少期のクリスマス準備の思い出やフランス伝統のクリスマス飾りのご紹介など。

かた苦しさをなくして、来館者のみなさんとの楽しくふれあえることを師はお考えですので、あたたかいお話し会になることと思います。

お話しを聞いてみれば、いつもとは違うクリスマスの迎え方となるかもしれません。

Hp20171209_02


また神父さまのお話し会にあわせて、教会のメダイユのアクセサリーも特別販売いたします。

フランスの聖地ルルドに行き、現地で求めたメダイユを用いたAile さんのネックレスやブレスレットなどが並びます。

Aile_img1047_2


シェガレ師のお話し会のご参加は無料(別途入館料のみ)ですが、ご予約をお願いいたします。

ちいさなフランスのような日本シャンソン館にて、フランスに行った気分で、どうぞあたたかなクリスマスをお楽しみください。

Img_6757

日時:2017年12月9日(土)午後3時

出演:オリヴィエ・シェガレ

料金:無料
 【入館料のみでご参加いただけます。ライヴ、ご飲食は別途料金となります】

会場:日本シャンソン館

後援:一般財団法人 日本シャンソン協会

協力:渋川カトリック教会

ご予約:日本シャンソン館
    電話 0279-24-8686
    FAX 0279-24-1919
    メール bureau@chanson-museum.com

ご参加希望の方はご予約ください

Découverte de Noël en France par Père Olivier Chegaray

| | コメント (1)

2017年11月16日 (木)

ボージョレ・ヌーヴォー2017 解禁日

11月の第3木曜日の解禁日のボージョレ・ヌーヴォーが入荷、当館カフェ・ロゾーのメニューにも登場しました。

数ある新酒のなかからセレクトを依頼しているソムリエによるおすすめ「ドメーヌ・エ・グリフェ」は毎年好評いただいている一本です。

この機に、旬の味をどうぞお楽しみください。
20171116img_03061

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

第5回フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン2017

20170924img_0147_3

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

第5回フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン2017 ③

日本シャンソン館ミュージアムショップ「ラ・ファミーユ」では、フランス車オーナーズ・イベントにあわせて、フランス製のカー・ディフューザーを発売します。

プロヴァンス地方に工場やオフィスをかまえ、製品に使用するエッセンス・香料をできる限り自社の畑で有機栽培するブランドから、届いた素敵なアイテムです。

バラに特別な愛情を注ぐデュランス社ならではの、他にはないローズ型をしたディフューザーです。

車のエアコンの吹出口にローズをとり付けるとまるでバラが咲いたようで、見た目もとてもエレガント、車内が華やかになりドライブも楽しくなりそうです。

フランスから届いたこちらのフレグランス、なんと国内では当館ショップのみが先行発売!

どちらのお店よりもいち早くリリースされます。

最初にお求めになるのはどなたでしょう?

入荷したディフューザーの香りは、コットン・フラワー/ポピー/シルバー・シダーの3種類です。

Djbrd7uueaavqjxjpgsmallDurancefragrance

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

第5回フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン2017 ②

日本シャンソン館主催フランス車とシャンソンをテーマにしたイベント「フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン 」のイベントにて 庭園に展示されるフランスのコンパクトカーがモデルになった、 日本シャンソン館カフェ・ロゾーのオリジナル・サブレです。
車のボディカラーがそれぞれ異なるように、サブレは5種類の味があります。
モーリス・メッセゲさんのフランスの無農薬ハーブをのせたサブレのほか、フレッシュなハーブ、鮮やかな色がきれいなミント味、フランスらしいエスプレッソ味や香り高いアールグレイをワンセットにしました。
当日のみの数量限定販売ですので、売りきれ次第終了となります。
お求めはどうぞお早めに!
Dke2vkzu8aa9koxjpgsmall

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

第5回フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン2017①

フランスの歌のミュージアム・日本シャンソン館が主催する、フランス車とシャンソンをテーマにしたイベント「フランス車オーナーズ・ミーティング バニョル・エ・シャンソン 」を9月24日に行います。

Hp20170924bagnole_01_2

今回はディーラーの方々の協力を得て、プジョー「208」、ルノー「トゥインゴ」、シトロエンの新「C3」と各メーカーのフランス新型車両が各1台ずつ展示されます。フランス革命時の教会をモデルにした棟では、フランス車についてディーラーのスタッフさんが新型車についてトークしてくれます。気になるフランス車を一同に見くらべ、聴きくらべられる絶好の機会です。

03300006_5 04070007_4 C323201670_4

そのほかにもドライブに関連するカー・アクセサリーをフランスならではのおしゃれなラインナップにそろえました。
まずは、お一人ずつお好きな香りを選べる、ドライブ用スプレーです。
フランスでは生活の一部としてお馴染みとなっているアロマオイルで、知識豊富なアドバイザーがリフレッシュやリラックス効果のあるスプレー作りのお手伝いをしてくれるワークショップを行います。
Mspalette20120926


そして当イベントではお馴染みのフランス雑貨のエイルさんが今回も素敵な商品を並べる、フレンチ・マーケットを開きます。
フランスの聖地ルルドのお守りや奇跡のメダイを用いたキーリングは、愛車の鍵にもぴったり、女性だけでなく男性もつけられるクールな商品もあります。
ネックレスやブレスレットなどアクセサリーも豊富に揃います。
Aile_img10472017_2
そして、当館ミュージアムショップ「ラ・ファミーユ」が日本国内でどこよりも先に発売することになった、車のエアコンの吹出口に付けて楽しむフランスから届いたフレグランスにご注目ください。
バラに特別な愛情を注ぐ、フランスのプロヴァンス地方のデュランス社ならではのローズ型のエレガントなディフューザーです!
愛車でのドライブのお供となる、いろいろなアイテムを揃えました。
お気に入りが見つかりますように♪
Djbrd7uueaavqjxjpgsmall

フランス輸入雑貨のほかにも、シャンソンのCDの品揃え日本一を誇るショップで、ドライブに合いそうな音楽も見つかるかもしれません。


古き良き時代を思わせるコンサートホールでは、シャンソンのライヴを聞くこともできます。
Fkm4frenchcafe Image_kj_chanssonier_2

午前と午後にわけて、アコーディオンとギターのユニット、フレンチカフェのお二人が楽しい音楽を聴かせてくれます。

パリ風のカフェ「ロゾー」では、好評をいただいているオリジナルサブレに加えて、フランスのコンパクトカー型の期間限定のサブレをご用意しました。
シャンソンのタイトルがついたフランスの無農薬ハーブティーやペリエなどのドリンクのほか、ランチも召しあがれますので、どうぞご利用くださいませ。
201709210000 201709dsc_0185rs

 画家クロード・モネが暮らしたノルマンディー風の庭園、ゴッホが描いたオーヴェル・シュル・オワーズの村役場を模した建物、「海を渡ることなく愛車で行ける、パスポートの要らないフランス」を合言葉に、是非お出かけください。
日時は9月24日、日曜日の午前9時30から午後5時まで、雨天決行です。
201601002img_4161 [バニョル・エ・シャンソン 昨年の様子]

フランス車でのご来館の方ならびにそのご同伴者の方には、入館料1000円が800円、そしてフランス車でお越しになった方にはオリジナルのイベント・ステッカーが贈られます。

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

ボージョレ・ヌーヴォー解禁日

201611150005

当館で扱うイベント用のワインを選んでいただいているソムリエへ、
毎年11月の第3木曜日の解禁日までテイスティングできない、
今年のヌーヴォーの出来具合いについて、
その予想を先日お伺いしましたところ
概ね当たり年と言えそう、と仰っていました

「キノコが不作の年はブドウがよい仕上がり」と言われるようですが
今年も、ヨーロッパ産のキノコが軒並みハズレているので、
今年のヌーヴォーも良いと判断されたそうです

ベテランのソムリエさんならではの、経験からの予想です
きっとそのとおり、美味しい新酒となっていることでしょう

そのボージョレ・ヌーヴォーが、当館カフェ「ロゾー」にも入荷しました
本日はヌーヴォーの解禁日、どうぞ旬の味をお楽しみください

*お車を運転されてお越しの方の飲酒はご遠慮くださいませ

(企画担当)

| | コメント (0)